フランス語

フランス語 Si vous voulez の意味:これを使いこなせば100%フランス人

si-vous-voulez-eyecatch

仏文出身のフランス政府公認ガイド「イーノー」です。
フランスに30年住んでいます。

フランス語を専門で勉強してからフランスに来たわたしでさえ、
理解するのにむちゃくちゃ時間がかかったフレーズがあります。

 

それは

Si vous voulez

 

そう、このフランス語初級で習うSi vous voulezが、実は超やっかいなのです。

 

英語に訳すと
If you want

「あなたがしたいなら」「あなたが望むなら」。

 

でも

Si vous voulezは

「もしよろしければ」と訳す方がピンとくるケースが多いです。

 

このフレーズには、フランス人の真の「自由主義」「個人主義」が潜んでいるのです。

言葉の意味と共に Si vous voulezに潜むフランス人思考も解説していきます。

 

イーノー
イーノー
Si vous voulezを使いこなせたら、もうフランス人だよ~!

 

Si vous voulezの意味

  • 単語ごとの意味
  • 発音
  • 例文

の順で書いていきます。

単語ごとの意味

Siは英語のIfです。

「もし~なら」という過程法で使う単語です。

 

Vous(ヴー)は「あなた」。
「あなた方」という複数形のときも同じ単語、

親しい関係のときはTu(チュ)という単語を使います。

 

Voulezはvouloir (英語のwant)の現在活用形の1つです。

 

※フランス語を勉強されている方のために
vouloirの現在活用を載せておきます。

je veux
tu veux
il (elle) veut
nous voulons
vous voulez
ils (elle) veulent

 

Si vous voulez 親しい間柄の場合は Si tu veux

直訳すると

「もし、あなたがしたいなら」「もし、あなたが望むなら」

 

でもたいていの場合は意訳で

「もしよろしければ」

と訳すほうがぴったり来ます。

発音

発音は

Si vous voulez スィ ヴ ヴレ

Si tu veux スィ チュ ヴ

 

「スィ」の部分は、「シー」とカタカナで振ってある本が多いです。
でも「シー」と発音すると、フランス人にとってはたいへん耳障りな音になるんです。

それで、あえてフランス語発音になるべく近い「スィ」と書きました。

 

録音を置いておきます。

Si vous voulez


 

Si tu veux

 

Si vous voulez あるいはSi tu veuxの使用例

debarasser-la-table

例1)ホームパーティーの場面で

食器を下げるホスト側の友達に向かって

 

招待されている人:  食器下げるの手伝おうか?

ホスト側 : Si tu veux.

 

これを「あなたがやりたかったら」って頭の中で訳すと、
ちょっと「ムカッ」ってきませんか?

正直、イーノーは長年Si tu veuxの返答に「ムカッ」ってきてました。

 

日本人としては、
「手伝おうか?」って親切で言ってるんだから、

返事は
「嬉しい、ありがとう。」って言ってほしいのです。

 

「あなたがやりたければ」じゃないでしょ!って言いたくなってしまいます。

 

でも、これを

「もしよかったら」って訳すと、ちょっと気が楽になりませんか。

 

っで、実際、フランス人も
Si tu veuxを使う人の気持ちは「もしよかったら」の感覚に近いのです。

 

例2)スーパーのレジで

caisse

店員: ポイントがたまってますから、このポイント使うと5ユーロ安くなりますよ。使いますか?

お客さん:  Si tu veux

 

これも、「あなたがそうしたければ」ってどういうこと、って感じじゃないですか?

いやいや、店員さんが得するわけじゃないから、お客さん、あなたがどうしたいのか言ってよ!

って言いたくなります。

 

でも、「もしよろしければ」と意訳すると、まあ納得します。

 

しかしですよ、やっぱり日本人的には、”OUI, Je voudrais bien.” 直訳すると 「はい、使いたいです(使います)」と返答してほしいです。

 

Si vous voulezにみる「自由で個人主義」なフランス人

長い間フランスで生活していても、なんだかしっくりこないSi vous voulez!

フランス人数名にインタビューしてみました。

 

どうして「~をしたいですか?」って聞かれたときに「~したいです」って答えず、Si vous voulezで答えるの?

 

返ってきた返答をわたしなりに説明します。

 

フランス人は「自分が~したい」とダイレクトにいうことに抵抗があるのです。

 

これ、意外じゃないですか?

個人主義、とか、自由の国、っていうイメージとは逆。

 

彼らは自分のやりたいことを素直に「自分!自分!」で主張しません。

「相手の気持ちをまず尊重したい、尊重しなければ」と考えているようです。

 

だから”Si vous voulez”

「もし、あなたが希望するならば」→「もし、よろしければ」

という返答がきてしまうわけですね。

 

「わたしのやりたいことをあなたに押し付けませんよ」「あなたの自由を尊重しますよ。」というスタンスだと思ってください。

 

これを知ったとき、イーノーはちょっと開眼したような気がしました。

 

本当のフランスの「個人主義」「自由」を見たような気がしました。

 

  • フランス人は個人主義です。でも、これは自分個人じゃなくて、「相手個人」を尊重することなのです。
  • フランス人は「自由主義」です。
    でも、これも「相手の自由を尊重する」という意味あいが大きいのです。

みんながこういう風に考えるから、結局はみんなが個人主義で自由主義ってことになるんですね~。

 

イーノー
イーノー
こう考えると、なんだかフランス社会がすごく「大人社会」に見える~

 

まとめ

Si tu veux あるいはSi vous voulezを「あなたがしたければ」と訳してはいけません。
多くのケース「もしよろしければ」と意訳する方がすんなりと通ります。

 

そして、この表現は、「相手個人の自由を尊重しよう」というフランス人の相手主体の個人主義、自由主義の表れでもあるのです。

statue-liberte

フランスで「~したいですか?」って聞かれたときに

「Si vous voulez」って答えてあげてください。

もうこれで、本物のフランス人です!

 

イーノーは30年もフランスにいますが、今でも「Si vous voulez」と返答する前に、一瞬の間があいてしまいます……

 

最後までお読みくださって、ありがとうございました。

メルシー!(Merci)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA